トップページ | linux環境まるごと引越し »

2008年3月22日 (土)

スワップ

最近はDDR2メモリ激安ですね

メモリを例えば4GBにして、システムの足を引っ張っているOSのswap動作を止める絶好の機会ではないでしょうか。

RedHat系は/etc/fstab内の
/dev/hda3 swap swap defaults 0 0

#/dev/hda3 swap swap defaults 0 0
にコメント化するだけでスワップ動作を起動時からoffにできます。

※コンソールでswapon -sと入力し何も表示されなければスワップはoffになっています。swapoff -aコマンド実行とかrc.sysinitのスクリプトを編集する必要はありません。

みなさんご想像どおりこれは高速化に貢献度が高く、体感できる程速くなるのでコストパフォーマンス抜群のチューニングではないでしょうか。

※個々の環境は異なるため、もしこれを試される方は自己責任でお願いいたします。

トップページ | linux環境まるごと引越し »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事