« 2008年5月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年4月

2009年4月 7日 (火)

915resolution supports G31 G41 G45

Intelチップセットのオンボードビデオをvesaドライバで使用する際、1680x1050等の解像度で表示させようとしても、vbiosが情報を持っていないためxorg.confで指定した設定と異なる解像度となってしまいます。

915resolutionはこの問題を解決するアプリですが、最新チップに対応していないため当方でアップデートしました。

Intelドライバはxorg.confでDriver "intel"とすればWSXGA+の解像度で表示できます

---------------------------------------------------------------------

If you try to display 1680x1050 resolution, vbios not have information that xorg.conf resolution settings and will be specified differently, When using vesa driver on Intel onboard-video chipset.

915resolution application is to solve this problem. Updated to the latest chip does not support.

※The Intel driver in xorg.conf Driver "intel" Then you can display in WSXGA + resolution

[Supports G31, G41, G45 for Fedora8]

915resolution-0.5.3-33.fc8.i386.rpm

915resolution-0.5.3-33.fc8.src.rpm

2009年4月 6日 (月)

Fedora8 Intel 最新ビデオドライバ | Latest VideoDriver

Fedora8でX4500グラフィックを内臓したG45、G43、G41チップのオンボードビデオをXウインドウで利用する場合、新しいG41では起動不能、G45と43は起動可能ですがやがてフリーズしてしまうでしょう。
これは、G41がソースに定義されていないためであり、フリーズするのはGTTメモリのサイズが間違っていることによるものです。

この問題は次の手順により解決します。

1) kernel-2.6.26のソースを当方が修正を行った以下のファイルで上書きしRPMパッケージをリビルド&カーネル入替え(-forceオプション)
intel-agp.c (G45 G43 G41)
i915_drv.h (G41)
drm_pciids.h (G41)

2) 当方が修正を行った以下のxorg-x11-drv-i810ドライバをリビルドインストール
xorg-x11-drv-i810-2.4.3-3.fc8.src.rpm

    [対象ビデオチップ:]
    i810-dc100, i810e, i815, i830M, 845G, 852GM/855GM, 865G, 915G,
    E7221 (i915), 915GM, 945G, 945GM, 945GME, 965G, G35, 965Q, 946GZ,
    965GM, 965GME/GLE, G31, G33, Q35, Q33,
    Mobile Intel® GM45 Express Chipset,
    Intel Integrated Graphics Device, G45/G43, Q45/Q43, G41

 ※2.4.3より新しいバージョンはFedora8のlibdrm-2.3で使えません

3) システムをリブート

-------------------------------------------------------------------

When X4500 onboard graphics with built-in G45, G43, G41 chip used in X window of the Fedora8, The New G41 non bootable, G45 and 43 it will freeze then I can start.
This, G41 is not defined for the source, and Cause wrong GTT memory size freeze.

This problem is resolved by the next step.

1) Rebuild RPM package and update(-force option) kernel-2.6.26 to overwrite the following files on the source of fixed
intel-agp.c (G45 G43 G41)
i915_drv.h (G41)
drm_pciids.h (G41)

2) The following were fixed xorg-x11-drv-i810 driver rebuid-installation
xorg-x11-drv-i810-2.4.3-3.fc8.src.rpm

    [Driver for Intel Integrated Graphics Chipsets:]
    i810-dc100, i810e, i815, i830M, 845G, 852GM/855GM, 865G, 915G,
    E7221 (i915), 915GM, 945G, 945GM, 945GME, 965G, G35, 965Q, 946GZ,
    965GM, 965GME/GLE, G31, G33, Q35, Q33,
    Mobile Intel® GM45 Express Chipset,
    Intel Integrated Graphics Device, G45/G43, Q45/Q43, G41

 ※Versions that are newer than 2.4.3 cannot be used with libdrm-2.3 of Fedora8.

3) Reboot your computer

   

« 2008年5月 | トップページ | 2009年11月 »