« デスクトップLinux 軽量(高速)化 | トップページ | mjm 1.1 avaible »

2010年7月22日 (木)

mjmプロジェクト

普段JWMを使用していて一番面倒なのが、アプリ構成の変更をsystem.jwmrcに反映する作業。

なので
/usr/share/applications/ のdesktopファイルをスキャンして、jwmのメニューファイルを自動生成するアプリをサクッと書いてみました。
久々のC言語ですがやはり楽しいですね。

以下からソースがダウンロードできます。
http://sourceforge.net/projects/mjm/

archlinuxのユーザはこちら
http://aur.archlinux.org/packages.php?ID=39087

ヘルプは下記のとおりです。

mjm -h
this mjm version=1.0
mjm makes jwm's menu from many (freedesktop)desktop files automatically.
  -h   show this help.
  -o   define outfile.           default_value=./automenu
  -s   define scanning directry. default_value=/usr/share/applications/

use it including the made file in the rootmenu section of your system.jwmrc.
more information -> http://mjm.sourceforge.net/ and http://insm.cocolog-nifty.com/

« デスクトップLinux 軽量(高速)化 | トップページ | mjm 1.1 avaible »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事